Translate »

アカメ

〇〇マガジン様のアカメの記事を書かせて頂いております。原稿の締め切りが迫る中筆は止まったまま‥

神は中々降りてきてくれません。
  • FullSizeRender

自分の魚ながら何度見ても魅入られてしまいますね。アカメ!!!

カッコイイ!

エルホリゾンテ80概要

エルホリゾンテ80について開発経緯を数回に分けて書いていきたいと思います。今回は初回ですので竿の概要を書いていきます。フィッシングショー大阪に足を運んでいた方には是非曲げて頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

6CF9DEC8-80F2-4E3E-8B68-CB94FD1F4061

El Horizonte80
コンセプトはPE3号スペシャルで4ozまでのルアーを使い20kgまでの魚を狙うビッグベイトロッドです。
仕舞寸法130cm
これは、ボンバダアグアセレクションとほぼ同じで、3辺の合計が158cmのバズーカに綺麗に収まります。
グリップ着脱式の変則3ピースで世界中持ち運び易い長さです。
スパイラルガイド
ロッドアクション時やラインメンディング時に、ティップにラインが絡みつき難いように。更には継竿のねじれの弱さを克服するためにスパイラルガイドを採用しています。
小口径ガイド
PE3号にショックリーダー60ポンドを使い易く、持ち重りせず、一日中振れるように5.5mmのSic- S ダブルフットガイドを採用しました。
ルアーウェイト
10〜120gのルアーを扱い易く2oz約60gのルアーが最も扱い易いよう設計されています。
レギュラーテーパー
ロングキャスト・ジャークなどのルアーアクションをつけ易いように。またラインをたるませてデッドスローの釣りがし易いようにレギュラーテーパーとしました。
簡単に書かせて頂くとこのようなルアーフィッシングロッドです。次回からは細かいパートに分けて御説明させて頂きます。

はじめに

このブログに書かせて頂く内容は「実際に私の目で見た事」「実際に私が現地で対人から話を聞いた事」「実際に私が体験した事」などをありのままに書かせて頂きます。

 

Facebook・Instagram・Twitter等のSNSも後から見直すのは容易ではありません。その時に思った事や感じた事、肌の泡立つような感動は年月とともに記憶の片隅へと忘れ去られてしまいます。25年前に初めて釣れたブラックバスの感動は25年前と全く変わらない。と言いたいのですが残念ながらそうはいきません。時折このブログを見直してその時の感動をフラッシュバックさせながら、こんなことがあったなぁと思えれば最高です。ご拝読頂く皆様には私が心に持っている「熱い思い」「あこがれ」「ロマン」等が伝われば幸いです。乱筆乱文ですが宜しくお願い申し上げます。

 

P7221361

 

平成30年 1月17日    足立貴志

About me

自己紹介

足立貴志(TAKASHI ADACHI)
1981年生
愛知県一宮市在住

幼少期より自然と釣りが大好きで、「釣旅はロマンと人情があるから面白い」をモットーに、国内では主に滋賀県琵琶湖のブラックバス・高知県のアカメ釣り・北海道のイトウ釣り・琵琶湖大鯰釣り、海外ではアジアのトーマン・南米のドラード・ピーコックバス等のゲームフィッシングにも度々お邪魔させて頂いております。

ターゲットとなる魚種の世界中で最高の場所・を求めて自分の足で歩き旅をして、遠征先の地元の方々や釣り人とのコミュニケーションを大切にし友好関係を築き、節度ある行動と共に自然と野生「鳥肌の立つ魚」を求めて釣り歩いております。

釣友は宝だと思っております。釣り場で見かけられましたら是非是非お気軽にお声かけ下さいませ!

 


またFacebook Instagram Twitter もお気軽に申請・フォロー頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

はじめに

 このブログに書かせて頂く内容は「実際に私の目で見た事」「実際に私が現地で対人から話を聞いた事」「実際に私が体験した事」などをありのままに書かせて頂きます。
 Facebook・Instagram・Twitter等のSNSも後から見直すのは容易ではありません。その時に思った事や感じた事、肌の泡立つような感動は年月とともに記憶の片隅へと忘れ去られてしまいます。25年前に初めて釣れたブラックバスの感動は25年前と全く変わらない。と言いたいのですが残念ながらそうはいきません。
 海外や日本各地の漁師さん達はこう言います。昔はこの辺りにもすごい大物がいたんだ!今では見かけなくなっちゃたね…と…
 ではわたしが定年退職する約30年後はどうでしょうか…あまり想像したくありませんが状況が良くなるとは考え難いものです。いつか体は動かなくなり、死の床に着いた日…私はチャレンジを後回しにしたことを激しく後悔するでしょう。
 だから今を釣りたいのです。竿が振れなくなるその日まで。最前線で釣りがしたい。夢の魚を追い求めたい!!
 これが今のわたしの本当の気持ちです。ご拝読頂く皆様には私が心に持っている「熱い思い」「あこがれ」「ロマン」等が伝われば幸いです。乱筆乱文ですがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

平成30年 1月17日    足立貴志